FX自動売買の正しい始め方講座

FX自動売買の正しい始め方講座

難しく考えずシンプルに売買する方が良いFX

初心者で利益獲得を目指している方々は、それぞれ研究をしています。そして研究している方々の中には、ちょっと難しく考えすぎている方もいらっしゃるようです。
例えば、テクニカルのツールに関する使い方ですね。そのようなツールは、複雑な計算式によって算出されているケースがほとんどです。平均足というツールもありますが、あの足が形成される背後には、とても複雑な計算式があるのですね。
そして人々の中には、その計算式に関してとても難しく考えている方はいらっしゃるようです。中には表計算ソフトなどを用いて、かなり細かく計算している方もいらっしゃるようですね。
しかし私は、この投資商品はそこまで難しく考える必要はないと思います。むしろあまり難しく考えない方が良いでしょう。
一時期の私も、色々と考えていた事があります。計算式の理屈を色々と自分なりに解釈して、表計算ソフトなどを使って色々と関数などを組んでみた事もあるのですね。
しかし今思い返しますと、それはあまり意味がなかったと思います。その研究結果によって売買の成績が上昇したかと言われれば、全くそのような事はなかったからです。
それよりも、私はある時からこの金融商品をシンプルに考えるようになりました。考えれば考えるほど、この投資商品はシンプルだと思います。あまり難しく考えすぎてしまうと、売買が成績が下がってしまう事もあるので、ちょっと単純化する方が良いと思いますね。
ただその考え方に到達するまでが、ちょっと大変だと思います。正直最初の内は、色々と難しく考えるのも自然だと思うのです。ある程度経験を積めば、だんだんとシンプルに考える事ができるようになるでしょう。
そして個人的には、そのシンプルさがFXの難しい点の1つだと思います。非常にシンプルであるがゆえに、気が付きにくいのですね。余りにもシンプルなので、なかなか素直に正しい方法で売買をする事ができないケースも珍しくないです。それに気が付くようになるまでが、ちょっと大変だと思う次第です。

 

 

FXのニュースが発表された時の動きを再現できるサイト

 

FXでは、しばしばニュースが大きなポイントになります。とりわけ重要度が高いのが、アメリカの雇用状況に関するニュースですね。
その状況に関わるニュースは、他の外貨に対して大きな影響を及ぼします。あまり関係が無いと思われるイギリスのポンドの価格も動かしますし、オセアニアの外貨なども同様です。
ところで人によっては、そのニュースを色々勉強したいと思っていることがあります。そのニュースが発表された時には、外貨はどのような動きをするのか、ちょっと興味がある方もいらっしゃるのですね。
そのような時には、再現サイトなどを見てみると良いでしょう。この投資商品に関する情報を色々調べますと、様々な情報サイトを目撃する事になります。その1つに、再現サイトがあるのですね。
そのサイトのメリットですが、上記のニュースが発表された時の動きを、完全に再現させることができるのです。例えばアメリカの失業率が発表された時の状況なのですが、数年前や今年などの過去データが全てそのサイトに記録されています。そして失業率が発表された時にどのような動きになっていたかを、全て忠実に再現させることができるのですね。ちなみにある金融会社がバックについて、運営しているサイトになります。
そしてそのサイトでは、非常に多くのニュースを見る事ができるのです。ニュースが発表された時にローソクがどのような動きになっていたかも、1分足で確認をする事ができます。しかも、仮想の売買をする事もできるのですね。ですのでそのサイトで何回か訓練を積んでいると、経済のニュースが発表された時における実際のFXの売買の成績も、だいぶアップしてくるのではないでしょうか。
ちなみに私も何回かそのサイトを利用していますが、とても面白いです。ニュースが発表された時には、本当に外貨の金額は欲動くものだと、最近しみじみ実感しています。
デイトレなどで売買をしている方は、一度はその再現サイトを見てみると良いでしょう。

 

 

心理学を学んだらFXの売買成績が良くなったトレーダー

 

以前に私は、ある個人のFXのトレーダーによるブログを読んだ事があります。そのブログには、大変興味深い内容が書かれていたのですね。心理学に関する記載です。
そのトレーダーの方は、自分なりに心理学を色々と勉強したようなのですね。それを勉強した結果、だいぶ売買の成績が良くなってきたようなのです。それを学ぶ前もある程度の利益が発生していたのですが、その心理に関する勉強をした後は、成績アップしたわけですね。
もちろんその方は、FXに関する勉強もしています。その方なりに、自分で色々とセオリーを構築しているのですが、その背景には様々な書籍などによる勉強があるのです。色々と努力して知識を仕入れていた訳ですね。
それにしても興味深いのが、心理学に関する内容です。この金融商品と心理学というのは、あまり結びつかないように思われるでしょう。
しかし上記のトレーダーの方によると、大いに結びつくのだそうです。その心理に関する勉強をしたら、他のトレーダーの方々の考え方などもある程度理解できるようになってきたようなのですね。
思えばこの投資商品は、メンタルとの戦いの一面があります。FXに関する様々な掲示板などを見てみると、メンタルを強くしたいなどと記載されている事があるのですね。
そしてメンタルは、もちろん人間の心理です。ですので恐らく上記のトレーダーの方は、心理学を学んだ結果、自分のメンタルを強化する事もできたのではないでしょうか。
思えばFXのツールの1つに、サイコロジカルラインというものがあります。市場心理に関する情報を与えてくれるツールなのですが、そのような物がある事自体、この投資商品はメンタルが大切だという事実を物語っています。
ですのでこの投資商品での売買成績を上げたいと思うのであれば、上記のトレーダーの方々のように、ちょっと心理学を学んでみるのも良いかもしれませんね。一見遠回りに思えるかもしれませんが、それで売買の成績が上がっている訳ですから、やってみる価値はあると思います。

 

 

1000通貨単位からならポジション管理が行いやすい

 

投資をするためにはある程度、まとまったお金が必要だと思っている人も多いのではないでしょうか。
確かに投資をするためにはある程度、まとまったお金があった方が有利なのは事実です。
資金の量が多ければわずかな利益であっても、十分な利益となるのでコツコツ利益を積み重ねていくだけで自然と資産が増えていくことになります。
しかし、資金の量が少なければコツコツ積み重ねるにしても、時間がかかりすぎてしまうので資金量というのは重要なポイントとなります。

 

それでは資金量が少ないと、資産を運用していくための良い術が無いのかというとそのようなことはなく、FX 100円であれば少額の資金からでも取引をすることができ、また資金を効率よく回転をしていくことができる金融商品であるため、少額の資金から利益を積み重ねていくことも可能となっています。
特に最近のFXの業者は1000通貨単位から取引をすることができる業者が多いので、少額の資金からでも格段に取引がしやすくなりました。
1000通貨単位で取引ができる利点としては、少ない証拠金で取引をすることができるため少額の資金でも取引ができるというだけでなく、損益の幅というのもそれほど大きなものではないので精神的に余裕を持って取引をすることができるという点にあります。
特にFXを始めたばかりの頃というのは、1銭動くごとに100円の損益が発生するというのは大きなものですから、そのような時に1000通貨単位で取引をすることができれば値動きに翻弄されずに取引をすることができます。

 

そして、取引に慣れてきたときには細かなポジション管理をすることができるので、適切なサイズのポジションを持つことができるため、効率よく投資をすることができるのです。
このように現在のFXというのは1000通貨単位という非常に小さなポジションから、投資を行うことができるため少額の資金でも十分に資産を運用することができるのです。

投資関連の興味をお持ちの方々は、サラリーマンが大変多いです。たいていは、副収入目的ですね。現在の所得では不安なので、その商品に興味をお持ちの方々は少なくありません。
ところでなぜその方々は現在の所得に不安なのかと申しますと、年間で必要なお金の問題があるからです。人間が1人生きるために必要なお金は、比較的多めなのですね。
というのも次のようなデータがあります。1人の人間が一生涯に使うお金のトータル額は、約3億だそうです。実際にはもう少し多めのようですね。約3億という事になりますが、そもそもサラリーマンの方が一生涯に稼ぐ事ができる金額は、もう少し低めになります。生涯の賃金トータル額は、2億円前後と言われています。ちなみにボーナスなどを含めたトータルの金額が、その数字なのですね。年金も込みの数字になるのです。
ちなみにここでの3億という数字は、子供の養育費や生活費など全て含めた金額になります。その他にも色々と出費が必要になるのですが、どちらにしても1億不足してしまうのですね。
そして多くのサラリーマンの方々は、その1億不足の状況をご存知なのです。冷静に給料の計算をすると分かるのですが、確かにそれ位の金額が必要になります。
まして最近では、年金もあまりアテになりません。学生の頃から年金に不安を覚えている方も、非常に多く見られるのです。
となるとサラリーマンとしては、やはり現在の所得を補うための方法を色々考える事になります。それでFXに興味を覚える訳ですね。その外貨を用いる商品では大きく稼げる可能性がありますし、普段お仕事がお忙しいサラリーマンにとっても、とても売買しやすいです。ですので副収入目的の有職者の方々は、しばしばその商品の口座を作る訳ですね。
すなわち現在の所得だけに頼るのは、少々危険な一面があるのです。現在の所得だけでやり繰りするよりは、その投資商品でカバーする方が生活も楽になると思います。
ただし、当然リスクは要注意ですね。一歩間違えば数千万の損が生じる可能性もあるので、くれぐれも注意すべきでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/20 10:53:20

FXトレーダーになると、分からない用語にぶつかることはしょっちゅうあることです。
なぜならFXトレーダーになる前に、疑問を残さないくらい勉強をしてきた人なんてどれくらいいるでしょう。
FXの場合では、取引方法が簡単なこともあり、なんとなくはじめてもできてしまうという人が多いと思います。
けれど分からない用語に出会うときに、そのままにしておいていいのでしょうか。
分からないことをそのままにしておくと、後々ややこしいことになります。
そのためそういう用語にぶつかることがあったのなら、ぜひ調べて疑問をすっかり解消しておきたいです。
けれどFXの用語を調べるのどうしたらいいのでしょうか。
FX用語は特殊なものが多いので、国語辞典にはもちろん掲載されていません。
近くにFXトレーダーの知り合いがいない人は、聞く相手もいません。
けれど、最近はそういうビギナーのためにFXに関する本がたくさん出ています。
後ろの索引などを引いていけば、分からない用語にすぐ見つかるはずです。
また本が買えないという人では、インターネットで検索をするのもいいでしょう。
様々な質問サイトで聞いてみるのも一理かもしれません。
では、FXトレーダーがよくつまずきやすい用語には何があるのでしょうか。
例えばロングとショート、という用語はFXの掲示板などでよく目にするかと思います。
ちなみにロングはlで、ショートはSと略されていることもあり、何だかよくわかりません。

解消すると、ロングはFXで買いからエントリーすることをさしていて、ショートはFXで売りからエントリーすることを指し示すようです。
説明されないとこれは気づけない用語でした。
他にはpipsなどがあり、掲示板で30pipsを取るなどと書かれてありますが、どこの通貨の単位でもありません。
これはあらゆる通貨の最小単位の数字のことを指すことが多く、円だと0.1銭などとよくいわれているものです。
こういう用語を積極的に使うことで、少しFXに長けた人と尊敬されるかもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:39:28

逆境に立たされたとき、人も投資も弱いものですがFXの場合はひと味違います。
なぜというと。国内の為替相場が円高が進行していたときでさえ稼ぐことができたのです。
さて、一般的に株や投資信託なども一様に経済の力強い成長とともに利益を生み出すものですが、FXはその点明らかに違いがあるといっていいでしょう。
それはFXにはショートと呼ばれる売りからトレードができることがあるからです。
売りから入るなんてそんなことできるのかって思ってしまいますが、実際に売りから入る例を示してみますと、例えば一ドル100ドルであった場合は、もし売りから入っていた場合一ドル99円以下になるときに利益が出されます。
逆に一ドル101ドル以上になると損失がでます。
よくよく考えると面白いシステムです。
普通にロングと呼ばれる買いから入ってた場合は、もちろん私たちのこれまでのにんしきのとおり、一ドル100円で購入した通貨は1ドル101円以上になると利益がでて、一ドル99円以下になるときに損失がでます。
まるで、というか本当に売りと買いで入ったときは正反対の仕組みなのです。
もっとこの売りから入っていることができるルールを周知させれば、いかにFXがよくできた投資なのかということが多くの人にわかってもらえることでしょう。
しかし、逆に多くの人に知られていない部分だからこそ、うまくしてそのメリットを利用しやすいかともいえます。
みんながみんな同じやり方をするべきではないからです。
FXは投資の中で珍しい経済の逆境に強い投資方法だといえて、それはこの先の経済がどう動こうとも変わらないものであります。
現在は一ドルが120円前半あたりをさまよっていますが、この先の為替相場の動きが心配で投資をやりあぐねているという人にも、FXはお役に立てるようなものであるのではないでしょうか。
数年後ではなくて、数十年後先まであらゆる相場に対応できて、トレンド、レンジにも強いFXでマネープランを設計してみるのもいいかもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:39:28

大学を卒業したあと、就職活動がうまくいかずに無職になってしまっているという人はこの時世多いとききますが、一般的に就職活動中の人は収入源がなく生活が不安定になりやすいです。
何かバイトを始めようと思っても、就職活動の面接や準備のためにバイトをできないというケースもあるということです。
けれど、そんな時間がない就職活動中の人にもできる稼ぐ方法にFXがあるのはどうでしょうか。
FXは、就職活動中の人のマストアイテムスマホやパソコンがあればできるので、ツールがなくて準備する手間がなくすむはずです。
そしてFXが就活生に向いている理由のその二は、FXは一日のほとんどで取引可能なので、時間を合わせる必要なはいのですし、空いた時間を有効利用していけばいいのです。
また就活生にFXをという理由のその3は、就活生は面接で質問されてもいいように時事ニュースを多く仕入れていると思いますが、その知識がFXという場ならば生かすことができるのです。
FXの為替レートは経済を中心としてあらゆるものが取り巻いています。
それは政治、イベント、ときにエンタメなど為替レートには多くの要素がかみ合っているのです。
そんな為替レートを読むために就活生は、自分の情報が面接でも役に立つ増すし、FXでも役に立てば二兎が追えることになるのでいいのではないでしょうか。
ただしFXは、元手が必要でリスクある商品で、必ず稼げるということはありません。
だから
少なからずFXの才能というものも必要かもしれません。
就活生は面接以外の時間帯は割かしら自由がきき、けれど相手の都合に合わせなければいけない大変な生活が続いているとは思いますが、もしその時間をFXでお小遣いを稼げるつもりですごせるのならば、本来の就活生としての生活にも張りが出てくるのてはないでしょうか。
それに就活生の生活を続けないにしても、何かしら将来に向けた副業の才能も見つければいいと思いますし、その一つにFXがあるのかもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:39:28
ホーム RSS購読 サイトマップ