下落する確率が比較的高めな高値の切り下がり時

下落する確率が比較的高めな高値の切り下がり時

下落する確率が比較的高めな高値の切り下がり時

下落する確率が比較的高めな高値の切り下がり時

 

FXのチャートを見ていますと、たまに切り下がりと呼ばれる現象が発生する事があります。その現象が発生した時には、いわゆる売りの兆候が見られると考えても良いでしょう。そして、それで大きな利益が発生する可能性もあるので、切り下がりには着目した方が良いと思います。そもそもFXのチャートは、必ずローソクによって表現されていますね。いわゆる高値を意識している方々などは、とても多いです。

 

それである時までに、例えばローソクの高値が120.3と120.4と120.6になっていたとしましょう。つまり順調に高値が上昇し続けている状況ですね。ところがその高値が、ある時に下落するケースもあるのです。つまり上記の120.6の後に、120.5などに下がる場合があります。そのような時には、いわゆるチャンスが到来しているとも考えて良いでしょう。上記のような120.5のような現象は、いわゆる切り下がりと呼ばれています。明らかに高値が低くなっているので、何らかのサインを感じる方々も見られる訳ですね。

 

では120.5になった時にはどうすれば良いかというと、売りを仕掛けてみる方法もあります。というのも切り下がりが生じた後には、いわゆる下落が生じる確率が比較的高めになっているからです。もちろんその場合は、空売りを仕掛けてみるのも一法でしょう。ですので切り下がりが生じている時には、ある意味チャンスとも言える訳ですね。実際それを基準に、売買を行っている方々も見られます。

 

ただ1つ注意すべきなのは、その切り下がりが生じているからと言って、100%の確率で下落するとは限らない点です。下落をするのは、あくまでも確率論の話になります。それが60%になる事もあれば、80%になるケースなど様々なのですが。実際に切り下がりが生じているタイミングで、何パーセントになっているかは不明なのです。ですので切り下がりをあまり過信しないのも大切だと思います。ただ参考情報になるとは、個人的には思う次第です。

ホーム RSS購読 サイトマップ