FXは金融危機に強い投資

FXは金融危機に強い投資

FXは金融危機に強い投資

FXは金融危機に強い投資

 

逆境に立たされたとき、人も投資も弱いものですがFXの場合はひと味違います。なぜというと。国内の為替相場が円高が進行していたときでさえ稼ぐことができたのです。さて、一般的に株や投資信託なども一様に経済の力強い成長とともに利益を生み出すものですが、FXはその点明らかに違いがあるといっていいでしょう。それはFXにはショートと呼ばれる売りからトレードができることがあるからです。

 

売りから入るなんてそんなことできるのかって思ってしまいますが、実際に売りから入る例を示してみますと、例えば一ドル100ドルであった場合は、もし売りから入っていた場合一ドル99円以下になるときに利益が出されます。逆に一ドル101ドル以上になると損失がでます。よくよく考えると面白いシステムです。普通にロングと呼ばれる買いから入ってた場合は、もちろん私たちのこれまでのにんしきのとおり、一ドル100円で購入した通貨は1ドル101円以上になると利益がでて、一ドル99円以下になるときに損失がでます。

 

まるで、というか本当に売りと買いで入ったときは正反対の仕組みなのです。もっとこの売りから入っていることができるルールを周知させれば、いかにFXがよくできた投資なのかということが多くの人にわかってもらえることでしょう。しかし、逆に多くの人に知られていない部分だからこそ、うまくしてそのメリットを利用しやすいかともいえます。みんながみんな同じやり方をするべきではないからです。

 

FXは投資の中で珍しい経済の逆境に強い投資方法だといえて、それはこの先の経済がどう動こうとも変わらないものであります。現在は一ドルが120円前半あたりをさまよっていますが、この先の為替相場の動きが心配で投資をやりあぐねているという人にも、FXはお役に立てるようなものであるのではないでしょうか。数年後ではなくて、数十年後先まであらゆる相場に対応できて、トレンド、レンジにも強いFXでマネープランを設計してみるのもいいかもしれません。

ホーム RSS購読 サイトマップ