FX用語のロングとショート

FX用語のロングとショート

FX用語のロングとショート

FX用語のロングとショート

 

FXトレーダーになると、分からない用語にぶつかることはしょっちゅうあることです。なぜならFXトレーダーになる前に、疑問を残さないくらい勉強をしてきた人なんてどれくらいいるでしょう。FXの場合では、取引方法が簡単なこともあり、なんとなくはじめてもできてしまうという人が多いと思います。けれど分からない用語に出会うときに、そのままにしておいていいのでしょうか。

 

分からないことをそのままにしておくと、後々ややこしいことになります。そのためそういう用語にぶつかることがあったのなら、ぜひ調べて疑問をすっかり解消しておきたいです。けれどFXの用語を調べるのどうしたらいいのでしょうか。FX用語は特殊なものが多いので、国語辞典にはもちろん掲載されていません。近くにFXトレーダーの知り合いがいない人は、聞く相手もいません。

 

けれど、最近はそういうビギナーのためにFXに関する本がたくさん出ています。後ろの索引などを引いていけば、分からない用語にすぐ見つかるはずです。また本が買えないという人では、インターネットで検索をするのもいいでしょう。様々な質問サイトで聞いてみるのも一理かもしれません。では、FXトレーダーがよくつまずきやすい用語には何があるのでしょうか。

 

例えばロングとショート、という用語はFXの掲示板などでよく目にするかと思います。ちなみにロングはlで、ショートはSと略されていることもあり、何だかよくわかりません。解消すると、ロングはFXで買いからエントリーすることをさしていて、ショートはFXで売りからエントリーすることを指し示すようです。説明されないとこれは気づけない用語でした。他にはpipsなどがあり、掲示板で30pipsを取るなどと書かれてありますが、どこの通貨の単位でもありません。これはあらゆる通貨の最小単位の数字のことを指すことが多く、円だと0.1銭などとよくいわれているものです。こういう用語を積極的に使うことで、少しFXに長けた人と尊敬されるかもしれません。

ホーム RSS購読 サイトマップ